新*ぶたちゃんのブログ

“ ぶたちゃんのしっぽ ” 管理人:ゆん の、不定期更新 ブログ。
…仲良し家族、なつかないゴールデンレトリバー、
新参者の黒猫、今は亡きハムスター について熱く語る
真実の愛 の ブログ (のような気がする)。
仕事中に起きた出来事、たわいもない日記、web拍手の お返事などなど*

コメントやリンクは お気軽にどぞ (((*´Д`)))

※ブログ内の画像&イラストの無断使用・転載・直接リンクは絶対に禁止します※
<< ハッピーバースディ | main | ゆん28歳の夏。 >>
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
さようなら、野口英世さん×4
お中元のシーズンも終わり、

仕事のピークも徐々に和らいで来ました。


― そんなある日。



『 ○○○(ゆん)さん、今日の仕事終わったあと、お暇ですか? 』



・・・ なにやら相談したい事があるらしく、

ちょっと お茶しませんか?とのこと。


相談者は、今年の4月に入社した 新人さん@平成生まれ。

ちょっと遅めの 5月病 の様子。



ゆ:『 あ、今日なら時間あるよ 』


快く承諾した。



― お茶をする お店に行くまでの 道のり。


・・・正直、彼女とは そんなに会話した事がない上、

年齢も ひとまわり 違う。


ここはひとつ、なうい会話をしなければ・・・。



ゆ:『 えーっと…○○さんの事、“おかぴょん”って呼んで良いかな? 』

新:『 … 』



― しまった。

これじゃ変な奴だと思われてしまうじゃないか。



新:『 ・・・良いですよ(笑) 』



― ふぅ、ひとまず よかったよかった。



**********



お店は ゆんさんに おまかせすると言われたので、

目に入った 喫茶店へ。



ゆ:『 御馳走するから、遠慮無く注文してね! 』

新:『 え、良いんですか? 』


ゆ:『 もちろん、先輩が後輩に奢るのは当然でしょう 』

新:『 ありがとうございます 』



・・・ ヤバいぐらいに、この時の ゆんさんは輝いていた。

・・・ カッコ良すぎるぜ、ゆんさん。



ところが、メニューを見て 価格設定に ちょっと驚いた。


しまった・・・ この店は 喫茶店じゃ無い。

おしゃれなカフェだ。


頭の中に、何故か スープランチ の文字が飛び交う。


・・・ 遠慮無く ・・・ とは言っても、ちょっとは遠慮するよね?てへ。


と、心の中でケチなゆんさんが囁きつつ、

彼女の注文を聞いた。



新:『 コーラフロートを お願いします 』



くっ・・・ 遠慮無く アクセルを踏んだな。

飲み物の中で、トップクラスじゃないか・・・。



店員さん『 お客様は? 』


ゆ:『 ウーロン茶を おねがいします 』




― しばらくして、テーブルに飲み物が運ばれる。


そして、本題へ。


相談の内容は、新人さんらしい悩みだった。


…仕事に未だに慣れず、完璧に出来ない。
…周りの社員の方の目が気になる。
…そんな私は駄目なんだろうか。


話を一通り聞いた後、人並みながらも 私なりの考えを述べた。


…そもそも完璧な人間なんて あまりいない。
…周りの人は自分が思うほど、他人の事を見ていない。
※そもそも、周りの人も自分自身で精一杯。
…ということで、駄目じゃないから安心して下さい。


偉そうに語りながらも、ああ 私も昔は同じ考えだったな…と、

不謹慎ではあるが、懐かしく思えた。


彼女も 話してみて、少しスッキリしたらしく 笑顔が戻って来た。

そんな彼女を見ると、私の方も 嬉しかったり。



・・・ ふと、テーブルを見ると、彼女のコップが空になっていたので

何か飲む?と、たずねてみた。



新:『 さっきと同じ物を お願いします 』



くっ・・・ さらに 加速するとは・・・。




店員さん『 お客様は? 』


ゆ:『 ウーロン茶を おねがいします 』



新:『 あと、フォンダンショコラ食べたいです 』

ゆ:『 あー どうぞどうぞ 』



・・・ お菓子ならいつも会社でたべてるじゃな(略)


と、心の中でケチなゆんさんが囁きつ(略)



そして、その後は 楽しい談話で一時を過ごした。



― カフェの閉店時間と

ゆんさんの化粧のノリの限界が来たので、

おひらきに。



新:『 今日は本当に ありがとうございました! 』

ゆ:『 いえいえ、こちらこそ、貴重な時間をありがとう〜 』


新:『 今後ともよろしくおねがいします! 』

ゆ:『 いえいえ、こちらこそ、宜しくお願いします〜 』



**********



― 次の日、いつもより元気な彼女が出勤してきた。

いつもと違う彼女を見て、他の社員の方も ちょっとビックリしていた。


でも、そこは おかぴょん&ゆんさんの秘密。

そして、本当は私も フォンダンショコラ 食べたかったのも秘密。



たまには、後輩とお茶するのも良いなぁ と思った。


ほんの少し 軽くなったお財布 をそっと握り締めつつ。
| ゆんさんの お菓子な お仕事日記 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









http://blog-new.yun.boo.jp/trackback/265
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ