新*ぶたちゃんのブログ

“ ぶたちゃんのしっぽ ” 管理人:ゆん の、不定期更新 ブログ。
…仲良し家族、なつかないゴールデンレトリバー、
新参者の黒猫、今は亡きハムスター について熱く語る
真実の愛 の ブログ (のような気がする)。
仕事中に起きた出来事、たわいもない日記、web拍手の お返事などなど*

コメントやリンクは お気軽にどぞ (((*´Д`)))

※ブログ内の画像&イラストの無断使用・転載・直接リンクは絶対に禁止します※
<< マイ バースディ | main |
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
妊娠、そして、出産。 それから。

御無沙汰しております。
お腹に赤ちゃんがいます…から、通信が途絶えてしまいました。

久し振りの更新です。


**********



― 妊娠している事がわかり、産婦人科を決める事に。

インターネットや口コミで、良さそうな病院を探し、
ウキウキで しゃれおつな 産婦人科へ。

…ところが、
『 あいにく ゆんぶーさんの出産は 当院では対応出来ません 』
との、悲しいお言葉を頂きました。

ちょっと人より 太っているだけじゃないか!!

とは言え、安心・安全な出産をするのが最善。
【 ご飯が美味そうな産院 】 で 検索した自分を反省。猛省。



― 結果的に、リスク妊婦さんも受け入れてくれる 大学病院で出産する事に。

病院に言われたのは、とにもかくにも、太りすぎないで下さい、と。
食事にも気を付ける事。※ 最大で 5キロまで OKと言われました。
そして、高血圧に気を付ける事。※ 塩分の取り過ぎに注意。

上記を守れない場合、出産まで入院&帝王切開での出産です。
との事。

赤ちゃんはもちろん、そして、
何よりも 自分自身の命を守るため に。


帝王切開の場合、立会い出産も出来ません。

それに、手術は怖いし。



― その日から、わたくしは 本気を出しましたよ。


… なお、出産予定日は 2012年 7月8日

ほんの数か月、頑張ればなんとかなるさ。


お腹に栄養を送り、かつ、太らない食事。
脂肪・塩分、超控えめ。

薄味 薄味 そして 薄味。

時々無性に食べたくなる から揚げの誘惑にも負けず。
(別に食べても良いんですが、決心が揺らぐのが怖かったので。)


まぐろも我慢した。

↑これが一番つらかったかも。



**********

 


― 妊娠7か月の頃に、旦那様と 立会い出産の勉強会に行きました。

赤ちゃんのお風呂の入れ方講習。

出産のビデオ鑑賞。

パパの妊婦さん体験の狃鼎蠅良佞い織献礇吋奪鉢瓩、
太り過ぎで入らないという ハプニングも有りつつ。
(しゃがんだら、背中のマジックテープが剥がれて 脱皮しました。)

そして、最後に お腹の赤ちゃんの 心音を聞き、
グッと感動の涙をこらえつつ、勉強会は終了。



**********



2012年 6月26日

月日はあっという間に過ぎ、出産予定日(7月8日)前の
最後の検診日。


約一年、体重も増やさず、塩分にも気を付け、頑張りました。
毎回、検診の際には 先生にも褒められました。

※ 結果的に 体重は、元の体重プラス1キロ で 済みました。


子供の名前の候補も決まった。
肌着や布団も買った。

出産は 痛いだろうなー…



… なんて 想像を楽しみながら、お腹のエコーを見たら、

まさかの 逆子。


前回の検診までは 正常だったのに!



先生:『 入院して下さい 』

ゆん:『 えっ!本当ですか? …いつですか? 』


先生:『 今日です 』

ゆん:『 えっ!? じゃあ、家に帰って荷物を… 』


先生:『 いや、帰っちゃだめです。万が一破水したら危険なので 』

ゆん:『 はぁ…わかりました 』


先生:『 帝王切開 で分娩しましょう。 』

ゆん:『 !! 』


ゆん:『 (あんなに 自然分娩のために 苦労したのに…)※心の声 』



**********



― とりあえず、旦那さんや 家族に連絡。

会議中の旦那様も、飛んで来てくれる事に。(当たり前だけど。)



― 執刀してくれる先生、麻酔の先生の紹介。



先生:『 質問があれば 何でも聞いて下さいね 』


ゆん&旦那:『 あの…先生… 』



先生:『 どうぞ 』


ゆん&旦那:『 こんなに 太っていても お腹切れますか? 』



先生:『 大丈夫ですから 落ち着いて下さい 』



**********



― 分娩は  6月28日 に 行う事に。


そして、いよいよ 手術前。

最後の エコー検査。



先生:『 あれ…? ゆんぶーさん!! 』


ゆん:『 はい? 』



先生:『 赤ちゃん、正常に戻ってますよ!! 』


ゆん:『 ファッ!? 』



先生:『 これなら 自然分娩出来ますよ 』


ゆん:『 本当ですか? 』



先生:『 では、退院ですね 』


ゆん:『 ファッ!? 』



・・・ と言うことで、退院しました。



**********



2012年 7月4日

今度こそ、最後の出産前検診。

四日前の どたばたを思い出しつつ、最後のエコー。



先生:『 あれ…? ゆんぶーさん!! 』


ゆん:『 はい? 』



先生:『 赤ちゃん、また逆子になっちゃいました 』


ゆん:『 ファッ!? 』



先生:『 入院です 』


ゆん:『 わかりました 』


※ 以下、6月26日と同文。



**********


― もう、どんなに正常に戻っても、帝王切開で出産する との事。

緊急予定帝王切開 という、どっちやねん!なネーミングの出産です。



手術室に入る前に、笑顔で 家族皆に 『行ってきます!』と笑顔で告げました。


麻酔は 局所麻酔なので、会話や音は聞こえます。

チキンな私は、恐怖を和らげるために 麻酔の先生と 会話をしていました。



― と、手術開始から 15分くらいで 無事出産。


3414グラムの 女の子です。


産声も聞きました。

母ちゃんだけの 特権です。

腕を手術台に 括り付けられていたので 抱っこは出来ませんでしたが。


― 感動の対面も そこそこに、あっという間に 保育器に入れられ、連れて行かれました。


この後、思いの外 出血が多く、

吐き気と&遠のく意識と戦ったりしながら 無事に 手術終了。


(麻酔の先生が 神様に 思えました。)



**********



実際に 病室に戻り、赤ちゃんや家族と対面出来たのは 約2時間後。


麻酔が切れた痛みや 後陣痛 に苦しむ中、

血栓が出来ない様に、と 次の日から歩かされたり。

お小水をするのに20分かかったり。


鬼!と思いつつ。

(自分自身の為だけど。)



**********



その後、無事に退院し、

日々の慣れない 育児と寝不足で 激痩せ(マイナス11キロ)もしたけど、


あーーー…っという間に、月日は流れ、


出産した 娘も 1歳になりました。



そして、慣れてきた育児に リバウンド(プラス12キロ)もしたけど、

毎日、楽しく育児をしています。


仕事も 育児も ダイエットも 頑張ろうと思います。




**********



― それから。


2013年6月に、ミキ様が 亡くなりました。

何度も何度も 手術や通院を繰り返し、頑張った 最期でした。



ベビーが生まれて、もうミキが居なくても 悲しまないワン。

なので、そろそろ おいとまするワン。

あとは ベビーに お任せするワン。




なんて思ったのかな? と 想像したり。



娘の出産。

ミキとのお別れ。


本当に、命って不思議で尊い。

心から 思いました。



ありきたりで、綺麗事かもしれないけど。


自分が 生かされている という事に、感謝です。

| ゆんさんの日記 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









http://blog-new.yun.boo.jp/trackback/302
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ